京都での前撮り・ウェディングフォト特集

多くの海外客が訪れる、日本を代表する古都、京都。
観光名所である祇園や、伏見稲荷、嵐山周辺などウェディング撮影のロケーションとして非常に魅力的なスポットが沢山あります。

京都での前撮り・フォトウエディングをお探しの方のために京都の情報をご紹介します。
フォトグラファー直接予約サイト「Famarry(ファマリー)」で最高の京都での前撮り・フォトウエディング(結婚写真撮影)・写真だけの結婚式を実現してください。

おすすめの撮影スポット

京都は撮影したいロケーションがたくさん。どんな撮影がしたいか、まずは写真からチェックしてみましょう。


祇園・河原町

祇園は石畳の道に木造の町屋、舞妓さんの姿も見られる京都でも日本らしい撮影ができるフォトジェニックな撮影スポット。春には桜の木々が見事な花を咲かし、夜にはライトアップされた景観を楽しむことが出来ます。


京都好日 (Murata Photo Works)

祇園白川は、花見小路を進んだ場所にある白川と新橋通に面する一帯で京都の伝統的建造物群保存地区に指定されています。

どこでも絵になるので、様々な小道を散策しながらの撮影を楽しんでください。

伏見稲荷大社

きのさきフォトグラファー

朱色の千本鳥居が美しい伏見稲荷。鳥居の数は1万基近く山の上まで延々と続いています。

人があまりいない朝早いタイミングなどで撮影することをお勧めします。

嵐山

Hayashi Photo Works

京都の有名観光スポット、「嵐山」。
なかでも有名なのは、「月が橋を渡るように見えた」という逸話から名付けられた、渡月橋です。
桜や紅葉の名所としても知られています。ゆったりと流れる桂川と、その後ろに嵐山が美しくそびえ立ちます。

京都好日 (Murata Photo Works)

竹林の道(ちくりんのみち)は、約200メートルにわたって続く風情のある小道。数万本の竹が生い茂る一帯には、竹林を縫うように小径が張り巡らされています。

夏場はサラサラと音を立ててゆれる竹たちの風の演奏で涼を感じられます。
一方、冬にはライトアップも施され、また違った竹林の魅力を楽しむことができ、季節を問わず国内外から多くの観光客が訪れています。

八坂の塔周辺

片倉写真事務所

清水寺と八坂神社の中間にある八坂の塔をバックにした写真はカップルの定番スポット。


片倉写真事務所

八坂庚申堂
とても鮮やかで可愛いカラフルなくくり猿が至る所に。

京都御所

片倉写真事務所

広大な面積を持っている京都御苑の中にある京都御所。

片倉写真事務所

京都御所(京都御苑)には多くの巨木が立っています。樹齢300年や400年の木々達。こちらは下立売御門付近の楠の木です。

京都府庁旧本館

片倉写真事務所

国の重要文化財に指定される京都府庁旧本館。創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古です。誰もいない府庁旧本館は西洋の古城のよう。京都で和装だけでなくドレス姿を撮りたい人にはオススメの撮影スポット。


片倉写真事務所

レトロなルネサンス様式の建物は外からの景観も美しくおすすめ。 中庭の祇園枝垂れ桜も見ものだそうです。



おすすめのレンタル和装ショップ

やっぱり和装で撮りたい方が多いかと思います。和装がプランに入っているスタジオを選ぶのもよいですが、
フォトグラファーを決めてから和装を選ぶ場合は、レンタルと着付けだけお願いできるところを探すという方法もあります。

一見、安い金額で出しているスタジオも多いのですが、結局はオプションで金額が上がっていく場合も多いのでしっかりチェックしてください。


プランに関してチェックすべきポイント
・撮影するロケーションによって金額は変わるか?
・土日祝日で金額は変わるか?
・データはもらえるか?アルバムは込みなのか?
・衣装によって金額は変わるのか?いくらくらい差があるものなのか?
・移動はどうするか?移動費はいくらになるか?
・お支度などトータルではなく、撮影時間はどのくらいか?何カットくらい撮影できそうか?


YUMEYAKATA

片倉写真事務所

衣裳とヘアメイク
105,000(税抜)

・新郎新婦用衣装
・ヘアメイク、着付け
・介添え

詳細はこちら



おすすめの撮影シーズン

やはり人気なのは桜と紅葉のシーズン。
桜は3月20日前後~4月15日前後の約1ヶ月間です。
特に人気が集中するのは3月最終週と4月1週目。

紅葉はおおよそ、11月15日前後~12月15日前後の約1か月間が最盛期。
特に人気が集中するのは11月最終週と12月1週目です。

撮影場所によって、開花の遅い早いがあるようなので、日程はフォトグラファーさんなどに相談してみましょう。


ただし、観光のトップシーズンは人だかりがすごいので、なかなか撮りたい写真が撮れなかったり、
撮影時間や移動時間が通常より長くなってしまいます。

実は観光客の少ないシーズンの方がスムーズに撮影できるので
5月中旬~7月中旬、9月上旬~10月下旬の撮影もおすすめです。

この記事に関連するキーワード